CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「 にすいです。 冲方丁対談集」(著:冲方丁)
    藍色 (01/08)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    山猫スミス (05/25)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    や (05/22)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
私は小さい頃から本が大好きなので、その中でも特にオススメの本や漫画を紹介していきたいと思います!
<< 「デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping?」(著:森 博嗣) | main | 「棺担ぎのクロ。 懐中旅話」全7巻 (著: きゆづきさとこ) >>
「私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback?」(著:森 博嗣)

 本日は先週に引き続き、森博嗣氏のWシリーズ第5弾です、前作で「デボラ」という新たなメンバーを迎えたハギリは今回は南半球にあるアフリカの南端にある国へ向かいます。1つは、そこにウォーカロンが集まる場所があるので、そこを調査するため、もう1つは国に新しく出来たという研究機関を訪れる為です。もっと細かな理由を語るなら、そこには警察も立ち入れない「富の谷」と呼ばれる場所があり、そこにフランスの博覧会から脱走したウォーカロンが潜んでいる、という情報を得たので、谷の事も含めて真相を確かめる為にやってきたのです。そして、その「富の谷」とは巨大な岩を穿って作られた地下都市で、そこには独自のネットワークが築かれていたのです。
 そして、ハギリは「富の谷」が警察に介入されないこと、更に「生命の在り方」について考えさせられることになります。そして、近未来の話らしく、本書では現実世界の他にバーチャル世界でも物語が進行していきます。バーチャル世界では「デボラ」も、ハギリの知り合いの姿を借りて「登場人物」として物語に関わってきます、文字通り本書は「リアル」と「バーチャル」の境を巡る物語、と言えます。
| SF小説 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。