CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「 にすいです。 冲方丁対談集」(著:冲方丁)
    藍色 (01/08)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    山猫スミス (05/25)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    や (05/22)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
私は小さい頃から本が大好きなので、その中でも特にオススメの本や漫画を紹介していきたいと思います!
<< 「風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake?」(著:森 博嗣) | main | 「私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback?」(著:森 博嗣) >>
「デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping?」(著:森 博嗣)

 本日の一冊は、Wシリーズ第4弾、物語はハギリが研究を行っている施設に1人の少女が侵入してきた事で始まります。少女の名はサリノ、ウォーカロンで外見年齢は16歳ほど、彼女はハギリを含めた研究者がいる施設に1人でやってきて、唐突にガードマンやハギリの護衛であるウグイを吹き飛ばして強引に施設内に入り込んだのです。しかし、後に拘束されたサリノを調べたところ、それは彼女の意思ではなく、「デボラ」と呼ばれる兵器、正しくは兵器の開発コードによって起こされた事が分かります。サリノは「デボラ」が自分の中に入ってきて、自分の意識を暗い部屋の様な場所に閉じ込めた上で、施設にやってきた、と言います。
 その頃、ハギリは自分が自分ではない誰かになる、という不思議な夢を何度も見ており、デボラの存在を知った後に自分が「デボラ」になる夢を見ます。ウォーカロンの少女に入り込んだ「デボラ」という意識、その「デボラ」になる夢を見る自分、ハギリはこれもマガタ・シキ博士の絡んだ事かと思い、ヴォッシュ博士に連絡をとったのです。そして、物語の舞台は施設からフランス西海岸にある古い修道院に移り、ハギリは新たな発見を目にすることになります。
| SF小説 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。