CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「 にすいです。 冲方丁対談集」(著:冲方丁)
    藍色 (01/08)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    山猫スミス (05/25)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    や (05/22)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
私は小さい頃から本が大好きなので、その中でも特にオススメの本や漫画を紹介していきたいと思います!
<< 「緑衣の美少年」(著:西尾維新/イラスト:キナコ) | main | 「新理系の人々 すごいぞ!日本の科学最前線」(著:よしたに) >>
「理系の人々」全6巻(著:よしたに)





 6月も終わりに向かい、梅雨明けも近づくので、気分転換に本棚を整理していたら、ブログで紹介し忘れた書籍を発見しました。それが2018年1月から「ダ・ヴィンチニュース」にて連載中の「新理系の人々」の前作「理系の人々」です。本書は、システムエンジニアとして働きながら、オタクである自分の日常を描いたコミックエッセイ「ぼく、オタリーマン。」という作品の作者が、自身の経験と自分と同じく「理系」と呼ばれる人々の「あるあるネタ」を主題に描いたコミックエッセイです。単行本には「We Are Techies!」という、「理系の人々」を意味する英語のサブタイトルが付けられています。
 最初に連載されていた場所が理工系技術者向けウェブマガジン「Tech総研」の「エンジニア★流星群」という事もあり、連載当初は現役エンジニアとして働く作者の「理系」な日常を4コマや1ページ形式で描かれておりましたが、コミック4巻から専業漫画家に転身、それ以降は経験談日常の事は勿論、読者から寄せられる「理系あるあるネタ」がコミックエッセイで紹介されています。私は選択科目は迷わず文系というタイプなので、こんな所が違うのか、そんな考え方もあるのか、と色々な発見が出来て最後まで楽しる作品でした。因みに、全6巻とありますが、漫画の連載自体は「新理系の人々」とタイトルを一新して「ダ・ヴィンチニュース」で2018年も続いているそうです。
| 一般書籍 | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。