CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「 にすいです。 冲方丁対談集」(著:冲方丁)
    藍色 (01/08)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    山猫スミス (05/25)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    や (05/22)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
私は小さい頃から本が大好きなので、その中でも特にオススメの本や漫画を紹介していきたいと思います!
<< 「マンガ家夜食研究所」(著:村田雄介) | main | 新しいノートパソコンのお披露目が、面白い日に重なりました。 >>
「パラドックス13」(著:東野圭吾)

 本日の一冊は「新参者」や「探偵ガリレオ」など人気シリーズを手掛ける東野圭吾氏の作品です、キーワードは「13」です、3月13日13時13分13秒を過ぎた瞬間、人が消えた。その現象は「P−13現象」と呼ばれ、世界規模で秘密裏に起こる事が予測されていた現象でした。しかし、その現象によって何が起こるか予測できず、また何か変化があっても観測する側にも変化が起こるので、その変化自体を観測することは「不可能」とされていました。世界中の専門機関の報告を受け、各国の政府は混乱が起こらないように情報を隠し、その瞬間が過ぎるのを待っていたのです。
 そうと知らずに「P−13現象」を迎えた瞬間、物語の舞台となる日本の東京に残ったのは年齢も、そこにいた理由も異なる13人の男女だけでした。13人以外を残し、運転中だった車、飛行中だった飛行機からも人が消えたのです。それ故に災害に見舞われた様な有様になった街で、13人は生き残る為に行動します。その中で、13人に共通項が見えてきたのです、どんな物語が展開されるか気になる方は是非とも一読ください。
| 文庫本 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。