CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「 にすいです。 冲方丁対談集」(著:冲方丁)
    藍色 (01/08)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    山猫スミス (05/25)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    や (05/22)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
私は小さい頃から本が大好きなので、その中でも特にオススメの本や漫画を紹介していきたいと思います!
<< 「カゲロウデイズ -summer time reload-」(著:じん(自然の敵P)/イラスト:しづ) | main | 「心に火をつける言葉 1 あなたの背中を押してくれる名言集」(著:遠越 段) >>
「皇帝と拳銃と」(著:倉知淳)

 本日の一冊は、最もらしい「空論」や「推測」で謎を解いていく「猫丸先輩」シリーズや、小学生達が学校で起こった変わった事件を追いかける「ほうかご探偵隊」等を手掛けたミステリー作家の倉知淳氏が初めて手掛けた4つの「倒叙ミステリー」です。「倒叙」とは、事件が起こった後に探偵役が犯人やトリックを明らかにするのとは逆に、視点が犯人側から始まり、読者または視聴者は探偵役が如何にして犯人を見抜くか、どの様にして追い詰めるか、を読んだり、見たりするミステリーの事です。有名な作品だと、本書の帯にも書かれていますが、海外の人気ドラマ「刑事コロンボ」、日本では脚本家の三谷幸喜氏の代表作「古畑任三郎」シリーズ等です。
 その探偵役となる刑事の容姿は、実に端的に表現されています、「死神」と。葬儀社の社員の様な黒い服装に黒っぽいネクタイ、雰囲気も陰気で、動きも「うっそり」している。この「死神」、もとい、警視庁捜査一課の「乙姫(おとひめ)刑事」は、本書に収録されている4つの事件の犯人達、推理作家、大学教授、劇団演出家に結婚を申し込まれた女、全員が「完璧」と思った計画を次々に明らかにしていくのです。
| ミステリー | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。