CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「 にすいです。 冲方丁対談集」(著:冲方丁)
    藍色 (01/08)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    山猫スミス (05/25)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    や (05/22)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
私は小さい頃から本が大好きなので、その中でも特にオススメの本や漫画を紹介していきたいと思います!
<< 「美少年椅子」(著:西尾維新/イラスト:キナコ) | main | 「カゲロウデイズ -summer time reload-」(著:じん(自然の敵P)/イラスト:しづ) >>
「十二大戦対十二大戦」(著:西尾維新/イラスト:中村光)

 本日の一冊は、先日、テレビアニメが最終回を迎えた「十二大戦」の続編。ですが、本書は「異なる十二大戦の物語」です。十二年に一度行われる、干支(えと)の名を冠した12人の戦士達が「最後の1人」になるまで戦う、そして、生き残った1人は「どんな願い」も1つだけ叶える事ができる。それが「十二大戦」のルール、その筈だった、それが第十二回目となる「十二大戦」では「十二星座の名を冠した戦犯を生死問わず捕獲できれば全ての戦士の願いを叶える」という異例の内容になっていた。場所も前作の「十二大戦」の都市部ではなく、人工的に作られた海上都市になっており、参加者も干支の戦士に十二星座の戦犯が加わることに。
 なぜ、このような事になったのか、星座の名を冠する者達はいかにして「戦犯」と呼ばれることになったのか。前作で1人しか生き残らず、本来なら出る筈のない作品での、まさかの続編、この異例のチーム戦がどの様な結末になるのか、気になる方は是非とも読んでみてください。
| 一般書籍 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。