CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「 にすいです。 冲方丁対談集」(著:冲方丁)
    藍色 (01/08)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    山猫スミス (05/25)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    や (05/22)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
私は小さい頃から本が大好きなので、その中でも特にオススメの本や漫画を紹介していきたいと思います!
<< 「悲録伝」(著:西尾維新) | main | 「悲衛伝(ひえいでん)」(著:西尾維新) >>
「悲亡伝(ひぼうでん)」(著:西尾維新)

 四国ゲームから無事に生還した小さな英雄、正確には命の危機があったが無事に戻ってきた英雄、空々空は14歳になっていた。そんな彼は、四国から一緒に連れてきた魔法少女達と共に新設された「空挺部隊」の隊長になっていた。これは「魔法」という強すぎる力を操る少女達を連れ帰った故に、危険視されていた空が完全に「容易に手出しできない存在」になったが故の「左遷」を意味していた。ただ、これは「身の安全」だけを考えていた空にとっては、遠ざけるしかない存在になったという事は、感情があれば喜ぶべき事だった。そんな彼に、最も倫理から遠いだろう科学者、左右左危が新たな任務を持ってきた。
 それは世界各国にある対地球組織に潜入して、そこから地球に味方する人類、つまり「裏切り者」を特定する、という内容だった。四国の次は世界へ、空と彼が隊長を務める「空挺部隊」と科学者から派遣された新人少女二人が、今度は日本を飛び出して、世界各地へ散ることに。悲しみを知らない英雄が、亡命にも似た任務を果たす、それが本書、伝説シリーズ第7弾です。
| 一般書籍 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。