CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「 にすいです。 冲方丁対談集」(著:冲方丁)
    藍色 (01/08)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    山猫スミス (05/25)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    や (05/22)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
私は小さい頃から本が大好きなので、その中でも特にオススメの本や漫画を紹介していきたいと思います!
<< 「小澤征爾さんと、音楽について話をする」(新潮文庫版) (著:小澤征爾、村上春樹) | main | 「怖い絵」展に行ったときの写真が出てきました。 >>
「掟上今日子の裏表紙」(著:西尾維新/イラスト:VOFAN)

 本日の作品は、1日で記憶がリセットされる「忘却探偵」と呼ばれる掟上今日子シリーズの最新作です、このシリーズで事件が発生した場合、現場に居合わせると必ず疑われるのは「隠館 厄介(かくしだて やくすけ)」という青年です。ですが、本作で取り調べを受けるのは掟上今日子、そう本作では「探偵」が「容疑者」になって登場するのです。捕まった罪状は「強盗殺人」、あるコインコレクターの収蔵庫で、胸を刺された被害者と凶器を握りしめて眠っていた所を発見され、逮捕されたのです。ですが、彼女は眠ると記憶がリセット、つまり忘却されてしまう。
 本当に犯人だったとしても、彼女は眠れば「犯罪を犯した自分」さえも忘れてしまう、そんな彼女の取り調べを任せられ、そして事件の解決を依頼させられたのは強面故に相手がやってない事まで認めてしまう「冤罪製造器」という異名を持つ警察官の日怠井(ひだるい)警部。容疑者でありながら事件の捜査をする、という彼女に翻弄されながら、警部は「忘却探偵の専門家」と言うべき隠館厄介に協力してもらうことにします。何時もとは立場が逆で、タイトルに相応しく裏表紙にも美麗なイラストが描かれているという面白い仕様の一冊です。
| ミステリー | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。