CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「 にすいです。 冲方丁対談集」(著:冲方丁)
    藍色 (01/08)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    山猫スミス (05/25)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    や (05/22)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
私は小さい頃から本が大好きなので、その中でも特にオススメの本や漫画を紹介していきたいと思います!
<< 「探偵・日暮旅人の笑い物」(著:山口 幸三郎) | main | 「探偵・日暮旅人の遺し物」(著:山口 幸三郎) >>
「探偵・日暮旅人の望む物」(著:山口 幸三郎)

 これは、とある事件で「視覚」以外の全てを失った探偵、日暮旅人が「視覚探偵」として迎える最後の事件。そして、今までの事件を影から見ていた人物の正体と、その背景が分かる物語でもあります。その人物は旅人の復讐を遂げる、と言い、その為に旅人が娘の様に大切にしている灯衣と愛していると告げた陽子を連れ去り、旅人に爆弾テロをする様に指示を出します。ニュースでは旅人の名が何度も流れ、警察も彼を探します、そんな時にユキジの家に意外な人物が現れました。
 旅人を想い、旅人が大切にする人々に危機が迫った時、今以上に酷使すれば失明は免れない、そう告げられて入院した旅人は病院から姿を消して、その人物の指示で動きながら、裏をかいて対峙する事を選びます。全ての感覚を目に頼るしかなく、その目で全てを視て、また「愛」を探し続けた「探偵・日暮旅人」が迎える最後とは、視覚を失った彼が最後に何を手に入れたか、気になる方は是非ともご一読ください。
| ミステリー | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。