CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「 にすいです。 冲方丁対談集」(著:冲方丁)
    藍色 (01/08)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    山猫スミス (05/25)
  • 「HINOKIO ヒノキオ」(原案:秋山 貴彦/著:山下 慧)
    や (05/22)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
私は小さい頃から本が大好きなので、その中でも特にオススメの本や漫画を紹介していきたいと思います!
<< 「探偵・日暮旅人の壊れ物」(著:山口 幸三郎) | main | 「探偵・日暮旅人の望む物」(著:山口 幸三郎) >>
「探偵・日暮旅人の笑い物」(著:山口 幸三郎)

 本日の一冊は、先週に引き続き「探偵・日暮旅人」シリーズです、前回の「壊れ物」では旅人の過去を知る人物が現れ、第二部の幕開けを告げました。そして、季節は移り変わり、本書はクリスマスから物語が始まります。聖なる夜、ツリーを飾り、大切な人と過ごしたり、愛する人や自分を大事にしてくれる人に贈り物を渡す日。その日、日暮旅人と彼に想いを寄せる山川陽子はデートをしていました。初めは「視覚」しか持たない旅人と、そんな彼が面倒を見ている少女の灯衣(てい)を心配して探偵事務所に通っていた陽子ですが、段々と旅人に惹かれていき、本書では告白を決意します。また、旅人も陽子を想っていました、ですが、この時の彼には彼女の「愛」を受け入れられない「異変」が起きていたのです。
 そして、新しい年を向けた少し後、物語は急展開を迎えます。タイトルの「笑い物」とは何を意味するのか、事務所のメンバーに何が起こったのか、気になった方は是非とも本書を読んでみてください。
| ミステリー | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。